-スクイーズ法- 早漏防止トレーニング

射精までの時間が短くなってしまう早漏は、男性はもちろん、パートナーの女性にとっても不満を残す状態を作り出してしまいます。
直ぐに発射してしまい不穏な空気が漂い、その居心地の悪い雰囲気が男性にとってはトラウマやプレッシャーに繋がり、よりいっそう敏感になって早く出てしまうという悪循環も懸念されます。
早漏は体質的なものというよりは、こうした心理的な影響も大きいため、心理的なプレッシャーや不安を取り除いてあげることによって改善するケースも少なくありません。
そのためには自分は大丈夫だとリラックスできる状況を作り出すことが大切で、自分に自信を付けることが必要になります。
自分に自信を付けるためのトレーニングとして有名なのが、スクイーズ法です。
難しそうな名前ですが方法はいたって簡単で、独りでもできます。
まずは、ご自身の手でマスターベーションを行いましょう。
ただし、射精してしまってはいけません。
イキそうになったら亀頭の先を手で押え付けて、射精しないようにしてください。
イキそうになっても射精せずに我慢するという作業を何度も繰り返してトレーニングしていくことで、射精までの時間を少しずつ延ばしていくことができます。
そんな単純なことでと思われるかもしれませんが、やはり慣れというものは大切です。
筋力トレーニングやスポーツなども同じで、最初は続かなかったり、できないこともトレーニングを重ねるうちに、徐々にできるようになり自信へと繋がっていきます。
スクイーズ法はその原理を応用したものです。